メニュー

校長あいさつ

2016年09月01日
がんばれ! がんばる!
夏休みが明けて、また元気な顔が学校に揃いました。まだまだ暑い日が続きますが、元気に、大勢の仲間が関わり合う中での学習を進めていきたいと思います。

 さて、この夏休み期間にはリオ・オリンピックがあり、朝早くから観戦し、応援したご家族も多かったのではないでしょうか。日本は、これまでで最多の41個のメダルを獲得しました。競泳男子400メートル個人メドレーでの萩野公介選手の金メダルを皮切りに、男子体操団体の金メダル、内村航平選手の個人総合2連覇。さらに、陸上男子400メートルリレーでの快挙、柔道、レスリング、バドミントン、水泳、テニス、卓球…、様々な競技で、挙げきれないほどの素晴らしい活躍が見られました。女子レスリングでは、伊調選手の大会4連覇もありました。吉田選手の4連覇はなりませんでしたが、吉田選手に憧れ、どれほど多くの選手が後を追うことができたでしょうか。「吉田選手を乗り越える」と全世界の選手から目標にされ、研究されて、それでも努力を重ねて得た銀メダルであったと思います。素晴らしい功績です。逆転劇もありました。最後の最後まで奮闘する日本選手の姿に、声援する声も高まり、握り拳も硬くなりました。
 女子卓球の団体で銅メダルに輝いた伊藤美誠(いとう・みま)選手は、静岡県出身で、高校1年生。4年後の東京オリンピックの時には、現在の6年生がちょうどこの年になります。4年後、子どもたちは、それぞれに、どんな活躍をしているでしょうか。
 オリンピックに限らず、様々な活躍、がんばりを見て、私たちは「がんばれ!」と応援します。そして、競技者からはたくさんの元気や勇気をもらいます。
 「がんばれ!」と応援する側の気持ちの中には、「自分ももっとやらなくては!」とか、「もっとこうしなければ!」とか、「自分はどうなんだ?」という気持ちも潜んでいるのではないでしょうか。「がんばれ! がんばれ!」と応援しながら、「がんばれ! がんばるんだ!」と自分に返す気持ち、自分を奮い立たせる気持ちが、入っているように思います。
 オリンピックの様々な競技を見て、あるいは身近で努力を重ねる人の姿を見て、一生懸命に立ち向かう人のすごさに魅せられ、あこがれを抱きながら、自分も前に進もうとする、がんばろうとする気持ちを、子どもたちには大切にしてほしいと思います。
 がんばれ! 長田西小学校の子どもたち。

 9月は、前期のまとめの月です。持てる力を十分に発揮できるよう、がんばってほしいと思います。
戻る

2018年07月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031










今日は・・・

アクセス