メニュー

校長あいさつ

2015年10月01日
平成27年度全国学力・学習状況調査の調査結果をお知らせします
 本年度4月、6年生を対象に全国学力・学習状況調査が行われました。
この調査の目的は、大きく次の2点です。
@文部科学省や教育委員会が教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図る。
A学校は、この調査結果を活用して、授業を中心とした教育指導の充実及び学習状況の改善につなげる。
 8月末に文部科学省より提供された調査結果をもとに、本校の児童の実態についてお知らせします。

(1)本校の学力調査の結果について 
【国語A】(知識)    全国平均を上回り、良好です
○コラムや図、案内など多様なテキスト形式を読み取る力が向上してきました。
●日常に使える漢字を覚えたり、学習用語を使えるようにしたりするよう、頑張らせたいです。
【国語B】(活用)    全国平均を上回り、良好です
○全体的に、活用力の向上が見られます。
●改善傾向にありますが、考えを整理しながら書いたり、条件に合わせて書いたりする「書く力」をつけさせていきたいです。
【算数A】(知識)    全国平均を上回り、良好です
○全体的に基礎的な知識・技能が身についています。
【算数B】(活用)     全国平均を上回り、良好です
○方法や理由などを記述する問題において改善が見られます。
●割合の問題が苦手です。基準量や比較量を求める場面などの意味の理解を深めさせたいです。
【理 科】(知識・活用)  全国平均を上回り、良好です
○科学的な現象や変化等を答える問題の正答率が高いです。

(2)本校の学習状況調査の結果について
○規則正しい生活習慣が身についています
本校児童は、「毎日朝食を食べている」「毎日同じくらいの時刻に寝ている」「毎日同じくらいの時刻に起きている」という内容の設問で全国平均を上回る良好な状況が見られました。
 また、1日当たりのテレビ等の視聴時間やゲーム・インターネット等の利用時間も全国平均に比べ短い傾向にあることがわかりました。
 こうした、良好な生活習慣が身についていることが、安定した学力に結びついているものと思われます。これからも大切にしていきたいものです。
 
○家庭学習では、出された宿題はしっかりできています
本校児童は、家庭学習の時間が確保されていて、宿題に真面目に取り組んでいることがうかがえました。
 家庭学習において、宿題等やるべきことを確実にやる姿勢が、基礎基本の定着に結びついていると思われます。
 本校では、これらの調査結果をさらに詳しく分析して、これからの教育指導の改善に役立てていきます。
その内容については、11月号でお知らせします。
戻る

2018年09月







1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30





今日は・・・

アクセス